株式会社如来堂

〒758-0025 山口県萩市土原480番地4
〒753-0815 山口県山口市維新公園1-1-1

お気軽にご相談ください0120-444-056

神具について

神具について神具について

家庭に神棚を設けるのは、その家の繁栄と平和を祈るためです。

家庭に神棚を設けるのは、その家の繁栄と平和を祈るためです。
神棚は、南または東向きがよいとされており、下をくぐり抜けないような場所を選びましょう。

宮形は神社の社殿をかたどったヒナ形で、その中に神札をおまつりします。
神棚に参拝する時は、手を清め、口をすすぎ、二拝し(二度深くお辞儀をする)、二拍手一拝します。

神具のご紹介

  • 神鏡

    神鏡

    神鏡は、神様のめどう(目標)として使います。 見えない自分の心を神鏡に映して今日一日を振り返り、 公明正大に誓いをたてて過ごします。

  • 榊立て

    榊立て

    棚の両側に一対榊を立ててお祀りします。

  • かわらけ

    かわらけ

    お米・塩を各1枚ずつに盛りお祀りします。神棚に向かって右にお塩、左にお米を盛ってお供えします。

  • 平次

    平次

    神棚の両側にお酒(オミキ)を入れてお祀りします。

  • かがり火

    かがり火

    神棚用のローソク立てです。

  • 真榊

    真榊

    神事の場で祭壇の左右に立てる祭具。 向かって左側に剣を掛けたもの、右側に鏡と勾玉を掛けたものを立てます。

  • 真榊

    真榊

    三宝は神饌物をのせる為にお使いいただける台です。おまつりの日には、三宝を使用しお供え物をしていただき、日々の感謝を神様にお礼申し上げます。